サポートアスリート紹介

New-HALEサポートアスリート紹介

トレイルラン:松永紘明Hiroaki Matsunaga

1980年2月生。サッカー王国静岡に生まれる。幼少の頃より、本気で、プロサッカー選手を目指してサッカーに打ち込む。一方、そのトレーニングの一環として、本気で、山を走る。大学の時、雑誌で"ハセツネ"のことを知り、トレイルランニングの世界に入っていく。
国内外レースにて入賞多数。新潟在住。

  • 普及活動
    2006年、トレイルランナーズを立ち上げ、新潟県内ショップとトレイルランニング普及のための講習会イベント(トレイルランナーズミーティング)をスタート。2008
    年よりICI石井スポーツ新潟店とのイベントもスタート。
    2009年より初心者のためのレース、トレイルランナーズCUPをスタート。
    2010年は、新潟県内の主要都市の後援、6社の協賛、新潟県内スポーツショップ約15店舗の告知協力を得て全5戦で開催。レースの模様が、地元民放、NHK新潟放送局、地方紙などにも取り上げられ、これまで定員(各50名)を上回る延べ約160名(第3戦終了時)の参加者を集める。また、ショップと共同でトレイルランナーズミーティングを計11回開催予定。さらに、ザ・ノース・フェイスの主催するトレイルランニングアカデミー講師として全国各地でイベント開催予定。
  • 活動指針
    お客さま、メーカーさま、ディーラーさま、地元行政さまなどかかわるすべての利益を考えイベントの趣旨、内容を決めながら活動を行っております。
    具体的には、 お客さまがトレイルランニングを知る機会、始める機会、続ける機会を提供します。お客さまの健康増進、仲間作り、生きがいの提供に寄与し心身ともにより充実した人生が送れるようなお手伝いをしています。イベントを企画・運営することによって、メーカーさまを知る機会、試す機会、よさを伝える機会を提供します。情報だけでは分かりにくい使い勝手や付け心地などを実際にトレイルで試す機会を提供し、ディーラーさまでの購買につながるお手伝いをしています。また、ディーラーさまと共同でイベントを運営することにより、ディーラーさまを知る機会、スタッフの方と接する機会を提供し、売り上げ増を目指しています。

    かかわる方々すべての利益を考え、トレイルランニング継続的な普及、発展を目指しています。
    また、地元行政さまにとっても一般市民がトレイルランニングを通じ、スポーツを習慣として行うことは、健康な市民が増え、しいては医療費の削減にも繋がります。さらに過疎が広がる地方では大規模イベントによって都市などから人が訪れることは、地元経済を潤し、新たな観光資源への発展の可能性も秘めています。
    今後もこれらを踏まえ、世の中の流れ、ニーズに柔軟に応えながら社会貢献をしていきます。
主な活動・戦績
2008年
  • セントジェームス・ウルトラマラソン 総合3位(ニュージーランド)
  • OSJおんたけウルトラトレイル100キロ 総合4位
  • OSJクロスマウンテンマラソン・イン・王滝 総合4位
  • ケプラーチャレンジ 総合8位(ニュージーランド)
2009年
  • OSJ奥久慈 総合7位
  • OSJ志賀野反 総合7位
  • OSJ志賀50キロ 総合7位
  • ウルトラ・トレイル・デュ・モンブラン 完走
2010年 予定
  • ウルトラ・トレイル・デュ・モンブラン
松永紘明 松永紘明 松永紘明

Page back

Page top